【違いが明確!】2022ビッケモブDDとギュットを徹底比較結果は、やっぱり

bikke
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

2022ビッケモブDDとギュットを比較してみました。

 

今回は2022新型ビッケモブDDや新型ギュットクルーム・アニーズが発表されました。

そこで、「何が変わったの?」や「便利な機能が付いたの?」「どんなカラーがあるの?

など、あらゆる疑問を解明していきます。

 

オプションの種類やお得な購入の仕方や最安値までを分析し、

失敗しない2022ビッケモブDDギュットクルームギュットアニーズの(おまけ比較も)

隅から隅まで徹底して比較してまいります。

 

2022ビッケモブDDの変更点は?

2022ビッケモブDD

最初に、やはり人気の高いビッケモブDDから見ていきましょう。

なんですが・・・・。

2021年モデルから2022年モデルの変更点は、・・・・。

残念ながら、ありません

 

価格の詳細は、あとに書きますが、今年も間違いなく値上げラッシュですね。

しかし、ビッケモブDDは、ある意味完成された子供乗せ自転車ですので、

その世界観やファッショ性重視の方には、変わらない事の方が、

良いのかもしれませんね。

2022ビッケモブDDのおすすめポイントは?

ビッケモブDD ブルーグレー very出典

ビッケモブDD ブルーグレー very出典

なんといっても、ビッケは、デザインとカラーのバランスがとっても、

可愛く、女性らしさを出している点につきます。

雑誌などでも、取り上げられ「おしゃれなママさん」などの

支持が大変高いビッケモブDDですね。

 

今流行りの「くすみカラー」で、曲線をうまく融合されていると思います。

機能面では、回生充電を採用しているので、惰性で走っている時や、

フロントブレーキをかけた時に充電をするので、

とってもエコで充電の手間も少なくて済むのと

坂道の下っている時には、モーターブレーキも

効いてくれるので、簡単に減速してくれます。

ママさんには、とってもうれしい機能ですよね。

 

ビッケモブDDの主な特徴

・ベルトドライブ(チェーンではなくベルト

・回生充電(走りながら充電)補助的かな?

・フロントモーター(前輪)

・前輪24インチ後輪20インチ

オプションですが、ビッケコーデができますよ。

22ビッケコーデ

22ビッケコーデ

2022ビッケモブDDのカラーバリエーションは?

 

2022ビッケカラーバリエーション

2022ビッケモブDDのカラーバリエーションも変わりなく、

追加もありません。

 

人気カラーは、やはりくすみ系のモルベージュが人気で、

定番のホワイトやブルーグレーってところでしょうか。

実際に見ると、ダントツでモルベージュが発色も綺麗で、

おしゃれ感が出ていると

思います。

 

2022モデルビッケモブDDの価格

2022ビッケモブDD         定価168.000円

となっています。

もちろんリアチャイルドシート標準装備になっています。

フロントチャイルドシートは、オプションです。

楽天最安値=>組み立て済みで、自宅に届く

3000円クーポン対象商品 即納 ビッケモブdd BM0B40 完全組立 電動アシスト自転車 20インチ 24インチ チャイルドシート 後ろ リア ブリヂストン BRIDGESTONE おしゃれ

サイマ→ネット最大の自転車ショップ

ビッケモブDDはこちら137.478円(完全組み立て済み)

サイクルベースあさひネット店 店舗受け取り送料無料

サイクルベースあさひで、詳しく見る。
icon

2022モデルビッケモブDD発売日は?

気になるビッケモブDD2022モデルの発売日ですが、

ブリヂストンサイクル公式カタログによりますと、

2021年12月下旬となっていますので、明確に日にちは確定していないようですね。

 

 

2022ギュットクルーム・アニーズの変更点は?

22ギュットクルーム・アニーズ

22ギュットクルーム・アニーズ

2022年新型モデルのギュットクルーム・ギュットアニーズは、マイナーチェンジでは、

あるのですが、2021年モデルからの仕様の変更がされています。

まずは、2022ギュットクルームR・EXですが、

・バスケットの変更

・モニタースイッチの変更

・カラーの追加

・新型小型軽量モーター

などが大きなところと、

私的には、ギュットクルームに搭載されている、

新型モーターユニットが小型軽量になっているのが、

大きな変更点だと思います。

あとは、カラーの変更など主なところですね。

2022ギュットクルームR EXのおすすめポイントは?

22ギュットクルームR・EX

22ギュットクルームR・EX

発売以来、パナソニックサイクルのフラッグシップモデルとして、

最新の技術を満載してきた、ギュットクルームR EX。

ご存じベビー用品大手のコンビさんと共同開発された

チャイルドシートは至れり尽くせりで、

ヘッドレストには、コンビさん開発の

エッグショッククッション」が搭載され

安心感あふれる商品ですね。

 

ギュットクルームRチャイルドシート

また、年々強くなる夏の日差しからお子様を守るサンシェイドも装着され

お子様の為の乗り物に徹した作りになっています。

もちろん、ラクイックの電子キーで自動開錠なども、

子供乗せ自転車では、このギュットクルームEX にだけ装着されています。

ラクイックで、キーレスで鍵が開錠できます。

パナソニックサイクル出典

2022ギュットクルームR・EXカラーバリエーションは?

22ギュットクルームR・EX

22ギュットクルームR・EX

22ギュットクルームR・EXのカラーバリエーションは、

6色の展開となっております。

全色マット(艶なし)カラーで、ピンク系からブラックまで幅が広い

配色ですね。

最近の流れでは、カキー系やベージュ系が人気がでそうですね。

 

2022ギュットクルームR EXの価格は?

ギュットクルームR EXは、パナソニックの電動アシスト自転車の中でのフラッグシップ車と

位置づけされた商品です。

ラクイックもこのEXのグレードのみに装着しています。

定価は、189.000円となんとも高額の高級車ですが、

充分にその価値に値するクォリティーの子供乗せ電動アシスト自転車ですね。

価格:189.000円

楽天最安値はこちら

【ラクイック搭載】Gyutto CROOM R EX(ギュットクルームR EX)BE-FRE031電動/3段変速2022モデル/パナソニック子供乗せ電動自転車【送料プランA】【関東/近畿は地方で送料異なる(注文後修正)】

サイマ→【ネット最大の自転車店】
2022ギュットクルームR EXは、こちら

 

 

2022ギュットアニーズDXおすすめポイントは?

2022ギュットアニーズ

2022ギュットアニーズ
ホワイトグレー

2022ギュットアニーズのおすすめポイントは、

なんてたって、乗り降りしやすいフレーム形状にあります。

子供さんを乗せた状態は、時として不安定な事がありますが、

とっさに降りれる事が重要になってきます。

見た目からも足がスムーズに降りやすいですよね。

プレミアムチャイルドシート

次に、プレミアムチャイルドシートが使いやすいですね。

ベルトも巻き上げタイプですので、調整不要!

不意の雨や汚れの場合も簡単にお手入れしやすい

シートクッションになっています。

2022ギュットアニーズ変更点は?

2022ギュットアニーズ

2022ギュットアニーズ
ホワイトグレー

今回はカラーの追加が目を留めますよね!

3年前にあったギュットアニーズEXにだけにあったホワイト系の色が

追加されました。

 

このカラーは、チャイルドシートと同色になっています。

統一感のある色あいですよね。

人気が出そうなカラーですよね。

 

機能面での変更は、ありません。

デザインは、おなじみの直線を基調にしてスッキリとした印象の

ギュットアニーズ。

乗り降りしやすいのが人気ですよね。

それと、パナソニックさんは、爽快な走行が人気で、

坂道もラクチンなんですよね!

2022ギュットアニーズDXのカラーバリエーションは?

22ギュットアニーズDXカラーバリエーション

22ギュットアニーズDXカラーバリエーション

22ギュットアニーズDXは、5色の展開となっています。

ホワイトグレー以外は、マット仕上げになっていて、

新色のグリーン系とホワイトグレーが人気が出そうですね。

 

2022ギュットアニーズの価格は?

2022ギュットアニーズは、この三車種の中でも一番安く、

159.800円となっています。

これってホントうれしいですよね。

性能も機能も申し分ないですよね。

【楽天最安値】

【店舗受取で送料無料】【エリア限定送料無料】ギュットアニーズDX 20インチ BE-ELAD033 2022年 / パナソニック 電動自転車 電動アシスト自転車

【サイマ】ネット最大の自転車店 完全組み立て

2022ギュットアニーズDXは、こちら

サイクルベースあさひネット店

サイクルベースあさひで、詳しく見る。
icon

ビッケモブDDとギュットクルームEXとギュットアニーズの違いは

 

ビッケモブDDギュットクルームEXギュットクルームDXギュットアニーズDX
全長1,810mm1,880mm1,880mm1,785mm
重量33.4kg32.2kg31.9kg34.4kg
バッテリー容量36.5V-9.9Ah25.2V-16Ah25.2V-16Ah25.2V-16Ah
タイヤサイズ前24×1.75

後20×2.125

20×2.125 HE20×2.125 HE20×2.125 HE

ここからが、本題ですね。

まずは、大きな違いで言えば、「駆動系」が違います。

これは、自転車としても大きな違いなんですが、

・ビッケモブDD フロントモータードライブ

・ギュット系   後輪駆動

ビッケは、チェーンではなくベルトを使うので、前輪の車輪中央にモーターを配置し

ビッケモブDD フロントモーター

ビッケモブDD フロントモーター

ビッケモブDD ベルトドライブ

ビッケモブDD ベルトドライブ

ですので、ペダルを漕ぐとアシストが

効くのにタイムラグがあるように

思います。

一方ギュット系は、ペダルを漕ぐと爽快な加速が感じられます。

これは、恐らく駆動方式の違いからくるのだと思いますが、

こだわらなければ、誤差の範囲だと思います。

 

上の表にも掲載していますが、バッテリーの性能から見ますと、

ビッケは、36.5Vの9.9Ahでギュット系は、25.5Vの16Ahですので、

モーターを動かす力は、数字上ではギュット系の方が力を発揮しやすいです。

 

ビッケは、回生充電を採用していますので、充電回数はすこし少ないかと思います。

ギュットクルームは、全長が長く取り回しがしづらい所がデメリットですね。

ビッケは、前輪にモーター系が集中していますので、

駐輪場など前輪を上げるのがとっても重い事がデメリットだと思います。

女性だと恐らく難しいと・・・。

2022ビッケモブDD VS 2022ギュットクルームR EX 2022ギュットアニーズDXどっちがいいの?

結論から言いますと、

デザイン重視の方は、→ビッケモブDD

機能優先の方は、→ギュットクルームR・EX

コスパ重視の方は、→ギュットアニーズDX

こんなところでしょうか。

皆さんのライフスタイルや乗る頻度・距離などを考え

参考にしていただくと幸いです。