【決定版】2020年絶対外せないニューモデル5選
詳細はこちら

GYUTTO STAGE22(ギュットステージ)パナソニックから新商品発表!

ギュットステージで、街を散歩子供乗せ自転車
ギュットステージで、街を散歩
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

おしゃれな、子供乗せ 電動自転車が熱い!

そろそろ2017度の新商品の発表が相次いでる、

自転車業界ですが、

特に、子供乗せ自転車電動アシスト部門が熱い

状態になっています。

今回取り上げる、パナソニックや人気車種ビッケを持つ

ブリヂストンも、「ビッケグリー」を9月に投入予定の模様。

ビッケグリー」は、またの名を「パパビッケ」勝手に命名しておりますが

パパをイメージして、タイヤサイズを大きくしてきています。

(前輪だけですが・・・・。)

 

パパもママもおしゃれに!がキーワード


 

今回のパナソニックの新商品「GYUTTO STAGE22

ギュットステージ22

とっても、街に溶け込むシンプルなデザイン。

ギュットステージ22

GYUTTO STAGE22

乗り降りしやすい、フレームが特徴なんですよ。

そして、従来の子供乗せ電動車の人気モデルは、

20インチが多く、各社からラインナップされていました。

今回の「ギュットステージ」は、22インチなんですよ。

 

今までの電動車では、身長の高いパパやママには、

小さすぎ」なんて声がありましたが、

今回、パナソニックはその隙間を埋める商品を出してきました。

もちろん、小柄のママさんにも乗って貰えるように、

「145cm~」の身長設計になっていますので、安心。

 

バッテリーも安心の大容量で、お財布にもうれしい


 

パナソニックでは、従来のモデルをリニュアルし、

バッテリーの増量化を進めてきました。

他社より、40%の増量で、モデルによって違いますが、

約5000円ほどのUP!で大変お得感を出しています。

充電回数が減れば、バッテリーの寿命もアップします。

バッテリーの電力も、充電にもお金がかかりますので、

お財布にも、やさしい電動車なんですよ。

スタイリングは、アクティブママにぴったり!


ギュットステージで、街を散歩

ギュットステージで、街を散歩

 

一見、電動アシスト車とは見えないくらいの、シンプルさ。

ホント、街に溶け込んでいますよね。

それでも、子供乗せ自転車は、前かごが必須になってきていますから、

この辺りも、見事クリアーですよね。

カラーもおしゃれ色満載で、迷う事必須。


 

look

 

 

 

カラーバリエーションは、

・メタリックローズ

・マットカーキー

・マットダークグレー

・アクティブホワイト

・グレージュ

最近、子供乗せ自転車電動アシスト車は、「マット色」(艶消し)

が好きですね。

ごめんなさい。「流行」ですね。

 

イメージカラーは、メタリックローズのようですが、

今までにない新色で、新鮮ですね。

gyutto_st_08

 

トップチューブのロゴも小さくし、「シンプルイズベスト」が、

ホントに似合う、おしゃれな一台ですよね。

他にも、

gyutto_st_02

おしゃれママさんには、このまれる「マットカーキー」

パパが乗ってもカッコイイ色合いですよね。

gyutto_st_03

 

これは、定番の「アクティブホワイト」

「やっちまった!」なんて事がない「ホワイト」は、

安全パイですよね。

 

もちろん、3人乗りでも楽らく!


 

 

 

 

gyutto_st_01

point

 

 

肝心の子供乗せ自転車としても、3人乗り認定者ですので、

細身のフレームでも安心設計なんですよ。

 

最近、オススメの電動車は、お子様を乗せる時期を

過ぎても、ママとパパの自転車として使えるのがGOOD!

 

楽天最安値は、こちらです。 
ポイント10倍(エントリ&楽天カード必須で)ギュット・ステージ22 BE-ELMU23 送料無料!傷害保険 防犯登録付 2016年モデル パナソニック ギュット ステージ 22インチ 3段変速 ギュットステージ3人乗り 電動アシスト自転車 幼児二人同乗基準適合


 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。